肌質チェック

生理周期で変化する女性の肌

女性のお肌は生理周期により変化します。

■卵胞期
お肌の状態が最もよい時期です。
エストロゲンの影響でハリも潤いもありお肌に栄養も運ばれやすくなります。

■黄体期
プロゲステロンの影響で皮脂分泌が活発になりニキビなどが出来たりします。
肌荒れをしやすい時期でもあり肌が刺激を感じやすかったりします。

■月経期
水分、油分の両方が少なくなり最も肌が敏感になる時期です。

ホルモンバランスタイプ別のお肌について

まずはあなたのホルモンバランスタイプをチェックし、ご自身の肌タイプをご覧ください。
下記の画像をクリックして頂くとチェック画面へ移動します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホルモンバランス別の肌について

■自律神経の乱れタイプ
顔筋が硬くなりお顔が大きくなりやすく、筋肉の緊張からくすみやたるみも出やすい。
考えることが多い人はおでこにニキビが出来たり首や肩こりがひどくなりやすい。
自宅ではホットタオルなどでお顔を温めマッサージをすると良いです。
サロンケアは血流を良くするマッサージがよく、自律神経を整える背中ケアまですることでお顔の状態も変わってきます。

■セロトニン不足タイプ
頭皮が硬くむくみやすい。頭のむくみからたるみが出やすくなります。
自宅では頭をほぐすと良いです。特に後頭部をほぐしてあげるとむくみがとれやすくなり、お顔も上がりやすくなります。
サロンケアはフェイシャルのお手入れにヘッドスパを合わせると小顔になるだけでなくホルモンバランスも整いやすくなります。

■卵巣疲労タイプ
くすみやシミ、しわができやすい。顎にニキビが出来たりします。
顔筋も硬くリンパの流れも悪いので自宅では顔ヨガと合わせて骨盤周りの筋肉を緩めると肌トラブルが出にくくなります。
サロンケアはお顔と体を同時にケアしてあげると効果が上がりやすいです。
Powered by Flips